Research Capabilities

モルガン・スタンレーでは、「ESG」を発行体および彼らが直面している広範囲におよぶリスクと機会をより良く理解するための強力な分析レンズであると捉えています。

サステナビリティに関連するモルガン・スタンレーのリサーチレポートのサマリーをお届けします。レポートをご覧になりたい方は事前登録が必要です。ログインページからご登録ください。

ログインに関するお問い合わせは、当社のクライアント・サービス・デスクまたは営業担当者までご連絡ください。

 

日本のESG:独自の歩み

独自のESGプロファイルを持つ日本がアジア太平洋地域のリーダーとして台頭する様子を掘り下げる。日本は環境面の情報開示ではアジア太平洋および世界をリードするが、社会面とガバナンス面の情報開示には改善の余地がある。投資家が注目すべき2つの主要テーマは、トランジションと株式持ち合い。

2022年10月5日

詳細はこちら(クライアント・ログインが必要です) ›

 

 

アジアにおけるサステナビリティ: ESG規制トラッカー

中国は、より高品質の排出量データを得るために国内の二酸化炭素排出量を算出する会計システムの確立を目指している。日本、韓国、タイは気候変動シナリオのストレステストにおいて前進した。オーストラリアは、企業がESG関連の主張を立証するための措置を講じている。

2022年9月26日

詳細はこちら(クライアント・ログインが必要です) ›

 

 

ESGの「S」:ソーシャル投資の動向と機会

新たな規制、プロキシの提案、グローバル基準によりソーシャル(社会)への注目は高まっている。ESGインテグレーションやテーマ/インパクト投資に注力しながら社会問題、規制、投資戦略を探り、当社が保有するデータベースから社会との連携性が高い株を紹介する。

2022年4月25日

詳細はこちら(クライアント・ログインが必要です) ›

 

 

変わる潮目:未来の水資源利用に向けた投資

著しい水の不平等:現在、人類の4分の1が安全な上水道を、半分が衛生的な下水道を利用できずにいる。それでも、気候変動やエネルギー転換で需給予測が困難になる中、需要は2050年までに約30%増加する。市場、規制、技術の観点から解決策を探り、エクスポージャーのある企業を特定する。

2022年2月14日

詳細はこちら(クライアント・ログインが必要です) ›